つわり時の食事サポートに万田酵素プラス温を導入してみた|石井講次の おすすめ絵本バンザイ
スポンサーリンク

つわり時の食事サポートに万田酵素プラス温を導入してみた

 先日、第2子を妊娠していることが分かりました。
 とても喜ばしいことなのですが、妻がつわりで苦しんでいるのを見るのがいたたまれないです。
 第一子のときよりも辛いらしく、こういう時なにもしてあげられないのは本当に申し訳ないです。

つわりについて調べてみた

 つわりと一言で言っても様々な症状があり、個人差もさまざまなんですね。代表的な症状として

  • 吐きつわり:食べようとすると、吐き気をもよおし、嘔吐する場合もある。つわりの代表的な症状。ひどい場合は水が飲めないこともある。(まさにウチの妻も今回吐き気が酷いようです。)
  • 食べつわり:空腹になると気持ち悪くなる。こまめに何かを食べていないと辛い。
  • 匂いつわり:匂いに敏感になり、特定の匂いを嗅ぐと気持ち悪くなる。今まで大丈夫だった匂いも、急にダメになるケースも。苦手になる匂いは個人さまざま。(ウチは炊きたてのお米の匂いがダメだそうです。)
  • よだれつわり:よだれが大量にでて、飲み込むことで対処できないくらい出ることもある。また、よだれの味や匂いが駄目になり気持ち悪くなることもある。
  • 眠りつわり:どれだけ寝ても寝足りない。起きている時は体がだるく辛い。

 原因ははっきりとは解明されていないそうです。妊娠によるホルモンバランスの急激な変化のため、動きすぎて流産になるリスクを下げるためなど、諸説あるそうです。



どうしたらつわりの辛さを和らげることができるの?

 逃げ場のない、つわりによつ辛さ。どうしたら和らげてあげることができるのでしょうか?

基本は無理をしない!

 色々調べましたが、基本的な対処法は無理をしない。これが一番大切なようです。

 だるくて気持ち悪い時は無理をせず休む。

 苦手な匂いには近づかず、離れる。

 食べれないようであれば、食べない。栄養不足による胎児への影響が心配になりますが、基本妊娠初期は、それまでに母親に蓄えらた栄養で育つため大丈夫。心配いらないそうです。

 ただ、葉酸については神経管閉鎖障害の発症リスク低減のため摂取することが厚生労働省から推奨されています。

妊娠を計画している女性に関しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事が必要であること。
 なお、野菜を350g程度摂取するなど、各食品について適正な摂取量を確保すれば、1日0.4mgの葉酸の摂取が可能であるが、現状では食事由来の葉酸の利用効率が確定していないことや各個人の食生活によっては0.4mgの葉酸摂取が困難な場合もあること、最近の米国等の報告では神経管閉鎖障害の発症リスク低減に関しては、食事からの摂取に加え0.4mgの栄養補助食品からの葉酸摂取が勧告されていること等の理由から、当面、食品からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害の発症リスクが集団としてみた場合に低減することが期待できる旨情報提供を行うこと。
 ただし、いわゆる栄養補助食品はその簡便性などから過剰摂取につながりやすいことも踏まえ、高用量の葉酸摂取はビタミンB12欠乏の診断を困難にするので、医師の管理下にある場合を除き、葉酸摂取量は1日当たり1mgを越えるべきではないことを必ずあわせて情報提供するとともに、いわゆる栄養補助食品を利用することが、日常の食生活のあり方に対する安易な姿勢につながらないよう周知すること。

 そのため、吐き気が酷くどうしても食事ができず葉酸が不足しているなと思った場合には【ベルタ葉酸サプリ】 を使用しています。

無理をしないと言っても無理しないことができないこともある

 無理しないといっても、第2子の妊娠の場合、子供の世話に追われ自分のペースで物事を進められず第1子のときよりも辛くなりがちとのことです。ウチの妻を見ていても良くわかります。

 私がサポート出来ず本当に申し訳ない。

 食べれる時に食べるもの食べましょうと言われても、何が食べれるのかが自分でも分からないそうです。
 ネットでは、
・ゼリーやプリンなど喉越しが良いもの
・梅干し、レモン、柑橘系の果物など酸味のあるもの
・玄米、バナナ、アボカド、ピーナッツなどビタミンB6を沢山含む食材
・炭酸水などの刺激があるもの
・アイス、氷水など冷たいもの
などが良いと言われていますが、個人差があり自分がどれが大丈夫か分からない。それに。前に食べれたものや大丈夫だった匂いが、急に駄目になったりするので、いざ食べるその時まで分からない。

 無理に食べるなといっても、食べずにいると空腹になりこれまた辛い。にっちもさっちもいきませんね。

 色々な視点で食べれそうなものを探してはチャレンジしてみる日々が続いていました。

 そんな中、万田酵素プラス温のホームページに出会いました。

 「万田酵素」は本来、"妊婦さんに元気な赤ちゃんを産んでほしい"という願いから研究・開発されたもの。

 「万田酵素」には、発酵段階でできる乳酸、酢酸、アミノ酸やたんぱく質などが含まれています。毎日つづけて摂取することで、栄養素の消化・吸収がスムーズになり、質の高いエネルギーを取り入れることができます。これにより、健やかな毎日へとつながっていきます。

 「万田酵素」は、果実類、根菜類、穀類、海藻類など、53種類もの原材料を使用しています。原材料の選定には独自の基準を設けており、かんきつ類や野菜などの原材料はできるかぎり自社農場で栽培し、その他は、契約農家で栽培されたものを中心に生命力が溢れる旬のものを選び抜いております。果実などは実だけではなく皮や種も使い、栄養成分をたっぷりと凝集させます。これにより、ビタミンやミネラル、ポリフェノール、アミノ酸など、日常で不足しがちな成分を摂取していただくことができるのです。

 「人工の手を加えることで、素材本来の栄養素が失われる」そう考える私たちは、添加物、防腐剤を使用していません。常温発酵にこだわるため、発酵・熟成の過程で熱を加えることもありません。

引用元:54種類の植物性原材料を発酵・熟成☆妊婦さんの為の万田酵素プラス温 無料モニター

 ホームページを見て、「良さそうだな。妊婦さんのために開発されたものなら、つわりの時でも大丈夫かもな?大丈夫だったらいいな〜。」と軽い気持ちで無料サンプルを申し込みました。

 そして、届いた無料サンプルを妻が食べたところ

「あっ大丈夫かもしれない。あっいいかも。」

 そして、2日目には「万田酵素いいかも。今までは冷えがすごかったんだけど、万田酵素飲むと体がポカポカする。」

 体が冷えるとつわりが悪化する人もいるそうです。無理せず食べれて栄養がとれて、体も温めてくれる。これは思っていたよりも良いな!妻には合ってるかもしれない。

 ということで、定期便で購入決定しました。今では朝夜2回二袋を毎日摂取しています。

 無料サンプルが8袋もらえるので、気軽な気持ちで試してみるのがおすすめです。口にあって食べれたら儲けもの。うちもダメ元で試したら、思いがけずイケたくちです。携帯も楽だし、食べれるものが一つでも増えるのは気持ち的にも楽になりますね。

 またしばらくしたら、効果や感想などアップしていきたいと思います。今のところ、体もポカポカしていい感じです。

バンザイ

- ブログランキングに参加してます - 1日1回‘ポチッ’をいただけると嬉しいです -

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿