「お父さんじゃなくてお母さんの味方!」と娘が言い放ったその訳に考えさせられた…|石井講次の おすすめ絵本バンザイ
スポンサーリンク

「お父さんじゃなくてお母さんの味方!」と娘が言い放ったその訳に考えさせられた…

 3歳になるウチの娘のぴよちゃん、最近よく言うセリフ。

 「ぴよちゃんは、お母さんの味方!」

 「お父さんは?」と訊ねても、「お母さんの味方!」と頑なに譲りません。

 そして、テレビなどを見ていたり、普段の何気ない会話で私と妻の意見が別れた時などにも、

 「お父さんは違うよね〜。お母さんが正しい。」と会話の内容が理解できていなくても、本当はどちらが正しいかなんて関係なくお母さんの肩を持ちます。

普段ピヨちゃんを甘やかしてるのはお父さんなのにどうして?

 はっきり言って私は娘に甘い。

 申し訳ないのですが、しつけや厳しく叱るのは妻が主に行ってくれています。(私がしつけを全く行っていない訳ではないです。言い訳?弁明?)

 そのため、お菓子を食べたいときなど、お母さんに言ったら許してもらえなさそうなものは私の所へきて「お菓子食べていい?」と聞いてきます。(どうしたら自分の要求が叶えられるか知恵を働かせるようになりました。成長してるな〜。)

 厳しいお母さん、甘く欲望を満たしてくれるお父さん。短絡的に考えたらお父さんの方が味方のように感じると思うのですが違うようです。

 これは、犬が飼い主を順位付し態度を変えることと一緒なのか?

 犬は厳しくしつけられると飼い主を自分の主人と位置づけ、言うことをきくようになります。その逆に甘やかされると、飼い主よりも自分のほうが偉いと考え傍若無人に振る舞うようになるという。

 ピヨちゃんも自分より上位と認識しているお母さんには媚を売り、自分の下僕と捉えたお父さんには意地悪をしているのでしょうか?

ピヨちゃんに理由を聞いてみた

 どうして、お母さんの味方なのかピヨちゃんに理由を訊ねてみました。

 そしたら、思っても見なかった答えが…

 「だってお父さんはいつもお母さんに意地悪するから。」

 そう言われてちょっとビックリしました。まあ時折ケンカはしますが、仲良くやっているつもりですし、妻に意地悪。。。してるかな〜?してないと思うけどな〜?

 「してないよ〜。」と言い返したら。

 妻の方を見ながら「してるよね〜。」そして、私の方をみて「お父さんはバカだな〜。」

 「だからピヨちゃんはお母さんの み か た!

子供は大人の行動をよく見ている。(本質を捉えている)

 そう言われて思い返してみると、多分ピヨちゃんは妻と私が言い争いになった時のことを言っているのだと思いました。

 ピヨちゃんの前ではケンカや言い争いをしないようにしているのですが、時々そうもいかずケンカや言い争いになってしまうことがあります。(大体、ピヨちゃんが悪さして怒り方や教育方針の違いからこうした方がいい、ああした方がいい、って言い争いになるんですけどね。)

 そうした時は私のほうが口が達者なので妻を言い負かしてしまう形になることが多いです。それを見て、ピヨちゃんはお父さんがお母さんを虐めていると捉えたのだと思います。(言い争いなので、言葉や口調も強くなっていますし余計ですね。)

 確かに「お父さんはバカだな〜。」はいい得ていますよね。強い口調で相手を言い負かしてもお互いが納得出来るわけではなく解決しないのに…バカですね。

 これからは言い争いの時にもっと冷静になって言葉を選び、前向きな話し合いをしたいと思います。

 そうしたらピヨちゃんお父さんの味方にもなってくれるかな?

 しかし、ピヨちゃんがいい子にしてくれてたら言い争いもなくなるんだけどな〜。

バンザイ

- ブログランキングに参加してます - 1日1回‘ポチッ’をいただけると嬉しいです -

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿