三ヶ日みかんを箱買いしました。今年は美味しいので二箱!|石井講次の おすすめ絵本バンザイ
スポンサーリンク

三ヶ日みかんを箱買いしました。今年は美味しいので二箱!

三ヶ日みかん箱 min

 母に頼んで浜松の三ヶ日みかんをダンボールで二箱買いました。

 毎年、購入している三ヶ日みかんですが、今年はみかんの当たり年なので二箱!

 今年のみかんがどうして美味しいのかはコチラの記事をご覧ください。

2016年は例年に比べ『みかん』がメチャメチャ美味い!その理由が判明!

家族みんな、みかんが大好き。無くなるたびに、普通のスーパーや八百屋さんで購入しているのですが、今年はどれもメチャメチャ美味しい。今日、その理由が判明!

www.ehonbanzai.com

糖度と酸味のバランスがとれた三ヶ日みかん

 両親ともに静岡県浜松市出身のため、私は三ケ日みかんを食べて育ちました。

 三ケ日みかんは愛媛のみかんに比べ酸味が強い。(個人的感想です。)

 ウチの父が以前、急に何気ないときに「みかんは酸っぱくなければ美味くない!」と力強く断言したときは笑いましたが、まさにこの一言が三ケ日みかんを表していると思います。

 甘さだけで言えば愛媛みかんの方が断然甘い。愛媛みかんはまるでスイーツのようです。もちろん愛媛みかんも大好きです。

 それに比べ三ケ日みかんは酸味が強い。(昔は今よりもっと酸っぱかった。)しかし、その酸味がコクというんですかね、みかんの味が締まるというか果実味にパワーが溢れる感じで満足感が強く感じるんです。

 もしかしたら、小さい頃から食べ慣れている味だから私が特にそう感じるだけかもしれません。

コク深く甘味豊かなみかんは、太陽とやせた土と農家の情熱が育てます。

 糖度と酸味のバランスのとれたみずみずしい甘さが人気のみかん。その味のよさは、全国の生産地の中でも郡を抜いています。では、一体その味はどうやって生まれるのでしょうか。

 その理由は、まず、気候と土壌の良さにあります。産地の中心である、三ヶ日地区の丘隆地帯は、年間の平均気温が16度と温暖であり、特に南斜面は日照量が大変に豊かです。みかんが甘くなるには、この日照量と温暖さ、そして、夏から秋に雨が少ないことが大切。

 また、その土壌も果実の栽培にうってつけ。おいしい果実を育てるには水はけがよく、養分の少ない痩せた土地が最も適しているのです。

ウチの娘のピヨちゃんも大好き

 元々みかんの大好きなピヨちゃん。

 保育園から帰ってくると、真っ先にみかんを段ボールから一つ取り出しパク!

 「一つだけだよ。たくさん食べるとお腹痛くなるから、ご飯食べた後だよ。」と注意されます。

 なんとか我慢してご飯を食べ終わると、すかさず椅子から飛び降りてスタスタスタっと段ボールに駆けていき、みかんを持ってきます。そしてパク!

 すぐに食べ終わると、無言でまた段ボールのもとへ駆けていきます。

 「みかんは一つだけ!」と駆けていくピヨちゃんの背中へ叫びますが、まあ無理です。

 昨日も食べ過ぎて、寝るとき「気持ちわるい。」と呟いていました。

 子供は自分でセーブできないので、ちゃんと心を鬼にして親がセーブさせないとダメですね。。。

 みかんが大好きな石井家。こまめに段ボールのなかのみかんを上下入れ替えて、カビさせないようにして長く楽しみたいと思います。

バンザイ

- ブログランキングに参加してます - 1日1回‘ポチッ’をいただけると嬉しいです -

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿