3歳の娘が図書館で自分で選んだ絵本『ぼくだけのこと』|石井講次の おすすめ絵本バンザイ
スポンサーリンク

3歳の娘が図書館で自分で選んだ絵本『ぼくだけのこと』

ぼくだけのこと

『ぼくだけのこと』
 作 森 絵都
 絵 スギヤマカナヨ
 出版社 偕成社
 発行日 2013年4月
 対象年齢 3歳から
 評価 ★★

 先日、休日に妻と3歳になる娘のピヨちゃんと一緒に武蔵野プレイスへ行ってきました。

武蔵野プレイスとは?

武蔵野市立『ひと・まち・情報 創造館武蔵野プレイス』(以下「武蔵野プレイス」)は、「武蔵境のまちづくりの推進」の一環として、西部図書館を移転拡充し、図書館機能をはじめとして「生涯学習支援」「市民活動支援」「青少年活動支援」等の機能を併せ持った複合機能施設という方向づけのもとに設置しました。


 要するにとてもカッコイイ図書館です。中央線の武蔵境駅のすぐ側にあり、各種ワークショップなども開かれているスペースや喫茶スペースも完備した、とても過ごしやすい図書館なんです。

 しかも、地下には駐車場もあり、障害のある私にはとても助かります。

【武蔵境駅前】武蔵野プレイス【カッコイイ図書館】 - NAVER まとめ

武蔵境駅前にカッコイイ図書館があります。その名も「武蔵野プレイス」。モダンかつレトロフューチャーっぽい優しいデザイン。中にはカフェもあります。アニメ「SHIRO...

matome.naver.jp

成長して図書館の楽しみ方が変わった

 体調のこともあり、娘と一緒に図書館に行くのは久しぶりでした。

 前回一緒に行ったのは、まだ2歳になる直前くらいだったと思います。まだその頃は、絵本を読み聞かせれば聞き入るのですが、図書館では本を積み重ねたりして遊んだり、読んでと選んでくる絵本も既に知っているノンタンなどを持ってきていました。

 それが、今回行ったら色々と本を物色して、表紙をみたり絵を見たりして選ぶという行為を行っているのを見て、「あー成長したな〜。」と感慨深くなってしまいました。

 図書館でも色々と絵本を選んで読み聞かせたのですが、最後帰る前に「借りたい本選んできな。」と言われ、あれでもない、これでもないと一生懸命選んだ本が、今回おすすめする絵本『ぼくだけのこと』です。

 (ちなみに、他に『14ひきのせんたく』も借りていました。)



『ぼくだけのこと』のあらすじ

 主人公のようたくんが身体の後で手を組んで、嬉しそうに微笑んでいます。

ぼくには きょうだいが ふたりいる。
おにいちゃんが ひとりに、いもうとが ひとり。
さんにんきょうだいの なかで、
ぼくだけ、みぎの ほっぺに えくぼがある。

これは、ちょっと うれしい ぼくだけの こと。

引用元:『ぼくだけのこと』

 えくぼ以外にも、よくたくんはぼくだけのことが沢山あります。家族の中でようたくんだけいつも蚊に刺され、お友達の中でひとりだけ逆立ち歩きができて、クラスの中で芸能人のサインを持っていないのはようたくんだけ。学校の集会でひとり貧血で倒れて、犬のチャッピーは街の中でようたくんにだけ吠えません。

 けれど、もしかしたら世界のどこかに、ぼくと一緒の子供がいるかもしれないとようたくんは想像します。もしそんな子がインドにいたら…

絵が可愛くて色使いがとってもキャッチー

 ピヨちゃんはまだ文章を読むことが出来ません。

 そのため、絵本選びは基本ジャケ買いです。表紙の絵のインパクトが重要になってきます。

 今回、このおすすめ絵本を選んだ理由も表紙の絵の力強さだと思います。

 とてもキレイな水色の空のした、ようたくんが気持ちよさそうに緑輝く芝生の上でくつろいでいる姿が見ているこっちまで気持ちよくなってしまいます。

 絵を担当されているスギヤマカナヨさんは元々は文具会社にデザイナーとして勤めた後、アート・スチューデント・リーグ・オブ・ニューヨークでエッチングを学び絵本作家の道へ。『ペンギンの本』で講談社出版文化賞受賞されています。

 元々デザイナーだからなのか、絵本というより雑誌のような絵や文字の配置のページがあったりして斬新です。

 随所に工夫が凝らされていて、お話をそっちのけでイラストの細かい所を見たり、「これは何?」と質問してきたりして楽しんでいました。

文章は直木賞作家の森絵都さん

 文章を担当されている森絵都は、デビュー作『リズム』で講談社児童文学新人賞と椋鳩十児童文学賞を受賞。その後も、『つきのふね』で野間児童文芸賞、『風に舞いあがるビニールシート』で直木賞。すごいですね。

 ただ、『ぼくだけのこと』は私はちょっと道徳色が強いというか、ちょっと押し付けがましい感じが苦手でした。

 これは個人的な好みの話です。

 ピヨちゃんもお話としては、興味の惹かれる部分が少ないためか、話よりも絵に食いついていたように思います。

 ただ、言葉、文章の言いまわしはさすがで「ぼくだけのこと」というフレーズはピヨちゃんも気に入ったらしく、普段急に「ぼくだけのこと」とつぶやき、なんのことかな?とびっくりさせられました。

 キャッチーでカラフルなイラストに子供も首ったけ。『ぼくだけのこと』おすすめです。

バンザイ

- ブログランキングに参加してます - 1日1回‘ポチッ’をいただけると嬉しいです -

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿