英語の仕掛け絵本で はじめの一歩『メイシーちゃんのABC』|石井講次の おすすめ絵本バンザイ
スポンサーリンク

英語の仕掛け絵本で はじめの一歩『メイシーちゃんのABC』

メイシーちゃんのABC (メイシーちゃんシリーズ)

『メイシーちゃんのABC』
 作 Lucy Cousins
 出版社 偕成社
 発行日 1994年
 対象年齢 2歳から
 評価 ★★★

 ウチにはLucy Cousinsさんの「メイシーちゃんシリーズ」が沢山あります。

 今回はその中の一冊『メイシーちゃんのABC』を紹介します。

Lucy Cousinsのポップでカラフルなイラストが可愛い

 Lucy Cousinsさんの絵が良いんです。

 太く力強いけど、いい塩梅で拙さがある線。
 その線で描かれたヘタウマなキャラクター。
 そして一番の魅力が色使いだと思います。

 日本には無い色使い。組み合わせ。原色系の使い方って外国の人の方が上手ですよね。どうしてでしょう。ファッション誌などで子供の服のコーディネートなどを見てもよく思います。

ルーシー カズンズ
Lucy Cousins

経歴

 両親とも画家。高校から美術科に進み、ロンドンの王立芸術大学ではアートを専攻。在学中に描いた「ポートリーのぼうし」が、1988年のマクミラン賞で入選し、翌年にはボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。

 ’90年以降、白いネズミの女の子メイシーが主人公の絵本シリーズを発表し、世界中で人気を博す。絵本に「メイシーちゃんベッドにはいります」「のうじょうのメイシーちゃん」などの〈メイシーシリーズ〉の他、「ノアのはこぶね」「ケィティキャットとビーキーブー」「それゆけ!おさかなくん」「パックン!おいしいむかしばなし」、布の絵本「ふかふか絵本」などがある。

 魚のフィジーとその仲間たちのお話「それゆけ!おさかなくん」は、絵本に描かれた筆のタッチと鮮やかな色使いそのままにフルCGアニメ化され、NHK教育テレビでも放送された。


 NHK教育テレビでフルCGアニメ化されたのも納得です。(見てみたい!)



指を使って玩具のように遊べる仕掛けが楽しい

 仕掛け絵本といっても様々な仕掛けがありますが、『メイシーちゃんのABC』は引っ張ったり、押し込んだり、めくったり玩具のように絵本の仕掛けを動かして楽しむタイプです。

 特に子供が喜んだのが、矢印の印字された引っ張れるようになっている紙で作られたつまみがあるタイプです。

 例えば、つまみを矢印の方向に引っ張ると、中で仕掛けが連動していて、絵本の中のイルカのパーツが海から飛び上がり、反対に押し込むと海の中に戻ります。

 このように絵本の絵が自分がつまみを操作することで動くのが楽しいようで、一人でも絵本を本棚から取り出して何度も何度も動かして楽しんでいます。

 紙だけなのによく作られているなと思います。紙にしては丈夫にできています。もちろん余りにも強い力で乱暴に扱うと破れてしまいます。(うちのメイシーちゃんも所々セロハンテープで補修されています。)

 『メイシーちゃんのABC』のあらすじ

 白い可愛いネズミのメイシーちゃん。陽気な天気の中ボートにのって海で遊んでいます。

 風を受けたボートの帆がひっくりかえると…
 なんと帆の裏側にはワニさん。メイシーちゃんワニさんと一緒にボートに乗っていたんですね。

 ボートが進むと海藻の影にはカニ。海からはイルカが飛び出してきました。

A a alligator わに
B b boat ボート
C c crab かに
D d dolphin いるか

引用元:『メイシーちゃんのABC』p1,2

 こんどはメイシーちゃん大きな象と遊んでいます。象はメイシーちゃんをお鼻で高い高いをしてくれます。

 草むらからはバッタが飛び出してきました。

E e elephant ぞう
G g grasshopper  ばった

引用元:『メイシーちゃんのABC』p1,2

 このように、初めから終わりまで一環したストーリーというものはありません。

 しかし、ページを開く度に可愛いメイシーちゃんが色々な動物や昆虫と楽しそうに遊んでいて、一緒に遊んでいるような感じで楽しめる絵本に仕上がっています。

五味太郎さんのお陰で日本語の仕掛け絵本としても楽しめる

 上記の絵本の引用部分を見てもらっても分るように、偕成社から出版されている『メイシーちゃんのABC』には日本語訳もついているんです。

 しかも、『きんぎょがにげた』 で有名な絵本作家の五味太郎さんが絵本の絵に日本語訳のイラストとして書き加えてくれているのです。

 まるでLucy Cousinsさんが初めから日本語訳部分も含めて描いてあったかのように違和感がありません。

 五味太郎さん。目立ちませんが、とてもいい仕事をされています。

 英語が興味のないお子さんも日本語の仕掛け絵本として普通に楽しめるんです。そして、いずれ英語にも興味が出た時に、英語部分も目を向けたら一冊で2度楽しめる!お得ですね。

 玩具のように引っ張ったり、めくったり動かして楽しめる英語、日本語、バイリンガル仕掛け絵本『メイシーちゃんのABC』。おすすめです!

バンザイ

- ブログランキングに参加してます - 1日1回‘ポチッ’をいただけると嬉しいです -

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿