年賀状作成が毎年ギリギリになってしまう、この性格をどうにかしないと…|石井講次の おすすめ絵本バンザイ
スポンサーリンク

年賀状作成が毎年ギリギリになってしまう、この性格をどうにかしないと…

年賀状作成

 毎年、毎年、早く準備しなきゃと思いながらズルズルと後回しにしてギリギリになってしまう年賀状書き。

 10月に年賀状作らなきゃ記事を書いて今年こそは早めに準備するつもりでいたのに、気付いたらもう年末。。。

どうしよう?2017年の年賀状比較。激安?高品質?ディズニーキャラクター?

2017年の年賀状の準備のため印刷会社のサービスを比較。激安店、高品質、ディズニーキャラクター年賀状などウチの選考ポイントごとにオススメ印刷会社を紹介。

www.ehonbanzai.com

 一事が万事。面倒なことを後回しにして直前で慌てることになるこの性格。どうにかしたいものです。(っていうか、ヤレ!って話なのですが。。。)

 今年はプリンターも購入したので、自宅プリントに挑戦してみることにしました。

郵便局が年賀状作成アプリを無料で提供してくれいている

 調べてみたら、郵便局が無料で利用できる年賀状作成アプリ『はがきデザインキット』を提供してくれいていました。

 年々年賀状を出す人が減っているといいますね。郵便局もあの手、この手で年賀状の売上を上げようと頑張っていますね。

 口コミを見てい見ると、使いづらい、宛名のCSVファイルのアップロードが上手くいかないなど一部不具合もあるようですが、無料ですし取りあえず使ってみることにしました。

『はがきデザインキット』の使い心地

 テンプレートやスタンプ素材など結構充実していて、操作も分かりやすくて私は使いやすかったです。

 操作画面はこんな感じです。

はがきデザインキット

 トリミングなど写真の加工などは操作が上手く出来ず、『はがきデザインキット』に取り込む前に写真加工アプリで加工して取り込むことにしましたが、それが無いとどうしても困るという不具合はありませんでした。

 スタンプなどの素材が豊富なので、写真を取り込みスタンプなどで装飾して自分の住所と家族の名前のテキスト素材を加え30分くらいで作ることができました。

 写真素材を使った年賀状を作らない人も、絵の素材やテンプレートを使って自分の住所と家族の名前を印字したものを作れるので良いと思います。

 それに、私は今回宛名リストを作る時間が無いので使用していませんが宛名印刷もできるので宛名リストをお持ちの方は作業軽減ができますね。

実際の印刷の仕上がりの具合は?

 郵便局ではインクジェット紙(52円)と光沢のあるインクジェット写真用(62円)の2種類が販売されています。

 試しに今回は2種類とも購入して印刷の仕上がりを確認してみました。

 結果は…

 あまり変わらない。。。

 これはプリンターの性能の影響が大きいと思います。ちなみにウチで使用しているプリンターはこれです。

 高額機種ではありません。両面印刷もできて、それなりに綺麗に印刷できて本体価格、インクの値段もまあ納得できる価格と不満はありません。

 今回の年賀状印刷も思っていたよりも綺麗に印刷できて十分満足です。

 ただ、高額機種ならインクジェット写真プリントした場合もっと綺麗に印刷できるのではないかな?と思います。ウチのプリンターではただ光沢があるだけ、印刷された絵の粗さは同じくらいです。

 ウチは年賀状に一筆添えたいので、後でペンで印刷面に書きやすいインクジェット紙の年賀状で刷ることにしました。10円安いですし、いい事ずくめ。

 カワイイ娘の写真を使って、思いの外良い年賀状ができました。あとは宛名と一筆そえること。今週中に頑張らないと。

 来年こそはもっと早く準備したいと思います。まずは来年受け取った年賀状をもとに一年掛けて宛名リストを作成することが目標です。

バンザイ

- ブログランキングに参加してます - 1日1回‘ポチッ’をいただけると嬉しいです -

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿