突然の雪に『スプレー式タイヤチェーン』で備えている私の感想|石井講次の おすすめ絵本バンザイ
スポンサーリンク

突然の雪に『スプレー式タイヤチェーン』で備えている私の感想

 明日、関東でも積雪の恐れがあるそうですね。初雪が降れば54年ぶりに11月の雪。さらに雪が積もれば11月としては観測史上初めてのことだそうです。

大雪に関する関東甲信地方気象情報 第3号 平成28年11月23日16時41分 気象庁予報部発表

 東京は公共の交通機関も含め、本当に雪に弱いですね。

 特に肺に障害があり移動に車が欠かせない私には大打撃。雪予報が出ると「どうか、雪が降りませんように。」と神様にお祈りしています。

 大学時代を札幌で過ごしていたので、別に雪道の運転が怖い訳ではありません。ちゃんとチェーンやスタッドレスタイヤなど装備を備えた車なら問題なく運転できる自信もあります。

 怖いのは私以外の雪に弱い運転手です。

 坂道やカーブでスリップしてきた車によるもらい事故。細い道で立ち往生されて大渋滞。私には酸素ボンベによる外での活動限界時間があるので、そんなことに巻き込まれたら大変です。

 そのため、雪が降ったら外出は基本延期。予定をずらします。



雪山へ行く予定が無い人もチェーンを備えておくべき!

 雪の日は外出しないという基本方針の私でも、「どうしても病院へ行かなければ行けない。」「家を出た時は晴れていたのに、外出先で急に雪が降ってきた。」「雪で帰れない家族を迎えに行かなくてはならない。」など避けれない可能性があります。

 だから年数回しか雪の降らない東京でも、雪への備えはどうしても必要なんです。

 昔はちゃんとチェーンを購入しいてました。まあ、一度も使ったことはないけれど、備えることが大切。使う機会が無かったことが、幸せなんだと言い聞かせてきました。

 しかし、今の車に乗り換えた時にチェーンを購入するか迷いました。

 なぜなら、今の車は親から譲り受けた為、乗り始め時点で走行距離は10万キロをこえていました。親は全く雪の積もらない静岡県。チェーンは装備されていません。

 チェーンはタイヤの大きさによってサイズがあるため、車を乗り換えたら、タイヤサイズが同じ車でない限り購入し直す必要があります。

 正直、この先何年この車に乗るか分からないのにチェーンを購入する必要があるのだろうか?今までも使ったことが無いのに。購入しなくても何とかなるんじゃないか?悪魔が囁きます。

 「とりあえず、調べよう!」それから考えることにしました。

『スプレー式タイヤチェーン』という選択肢

 とりあえず格安のチェーンを探してみました。そのなかで出会ったのが『スプレー式タイヤチェーン』です。

商品紹介

●北米産木材の樹脂を原料としているため、環境にやさしく、タイヤを傷めません!
●効果は70km持続(USAでの試験結果の最大値)
(雪道以外で使用すると、急激に効果は落ちます。)
●1缶で最大20本のタイヤにスプレーできて、経済的!
●凍結道路では、路面との摩擦力が普通のタイヤに比べて 300%UP!
●北欧、北米ではスタッドレスタイヤでもスプレーします。
●靴底用としてもご利用いただけます。

使用上の注意(注意事項)
●本商品は予期せぬ積雪、凍結時に緊急に使用するもので、スノーチェーンと同等の性能を保証するものではありません。効果時間も限定されています。
●また70Kmの効果距離は何等かの効果があった距離で雪道走行を保証する距離ではありません。
●本品はプロパン、イソブタンが充填されています。使用済みの缶を火中に投じないでください。またお子様の手の届く場所に保管しないでください。高温となる夏季に車のトランクで保管しないでください。
●使用方法
成分が分離している場合がありますので、使用前にはよく振って車体に付着しないようにスプレーください。効果が薄れたと思われる場合は追加してスプレーください。

※道路交通法等により、積雪又は凍結のため滑るおそれのある道路において、自動車又は原動機付自転車を運転するときは、タイヤチェーンを取り付け、又は全車輪にスノータイヤやスタッドレスタイヤ等を取り付けることが義務付けされており、違反すると罰則の対象となります。

 これなら、車を乗り換えても買い換える必要はありません。しかも安い!チェーンを購入すると安いものでも3千円超えますが、スプレー式なら2千円くらいで購入することができました。

 あとは本当に効果があるのか?スプレーしただけで本当に滑らなくなるのか?不安になりますよね。

 私も不安でしたが、口コミを見ると結構効果があったとの評価が多かったので、ポチっとしてみました。

『スプレー式タイヤチェーン』を実際に雪道で使った感想

 購入後、一度だけ雪道で『スプレー式タイヤチェーン』をタイヤに吹きかけ外出したことがあります。

 本当に緊急時にブッツケ本番で使用するのは怖かったので、事前テストを兼ねて雪が降った夜に妻を駅まで迎えに行きました。

 大雪の時で積雪量は多く足跡のない所は10cmくらい積もり、車道にはわだちができていました。新雪ですのでアイスバーンほどツルッツルな訳ではありませんが、自転車や歩行者はツルツルと滑っていました。

 乗る前にタイヤにスプレーを噴射。車を少しズラして。地面と接地していたため噴霧できなかった面へ再度スプレー。タイヤには白い粘着物がびっしり付着しました。

 そして、恐る恐る走り始めました。

「うん?これは結構グリップ力があるな。」・・・・・・「思っていたよりもいいかもしれない。」・・・・・・「これなら、都内を走る程度ならいけるぞ。」と好感触。無事に妻を迎えに行くことができました。実験成功です!

 大雪が降った翌日の一部アイスバーン、一部普通の路面という混合路面の場合、普通の路面を走っている時に粘着剤がどのくらいのペースで剥がれてしまうのかちょっと不安はありますが、緊急時の備えとしては『スプレー式タイヤチェーン』で大丈夫!というのが現時点での私の答えです。

 ただ、スプレーのため粘着物がある程度広範囲に噴霧さえるため、ボディーやタイヤ側面、タイヤ周辺部分に白いベトベトした粘着物が付着してしまいます。車が汚れるのがダメな人は止めたほうが良いと思います。

 あと注意事項にも書いてありますが、峠や高速道路など雪が降った際にチェーン規制された道路を『スプレー式タイヤチェーン』で走行することは違反です。チェーン規制の入る道路を走る可能性がある人は、スプレーでないチェーンをご購入下さい。

 チェーンを購入するほど雪道を走らないけど、いざという時のために備えたい人には『スプレー式タイヤチェーン』おすすめです!

バンザイ

【2016年11月24日追記】
 雪道の運転に慣れていない方に向けて『札幌で大学時代を過ごした私が雪道運転で気をつけていること』という記事を書きました。もし良かったら併せてお読み下さい。

- ブログランキングに参加してます - 1日1回‘ポチッ’をいただけると嬉しいです -

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿