3歳の娘が自分で選び公園に持っていった物とは?|石井講次の おすすめ絵本バンザイ
スポンサーリンク

3歳の娘が自分で選び公園に持っていった物とは?

 娘に「公園行くよ!」と声をかけると…

 親のマネなのか、お気に入りのリュックサックを持ち出して、娘も娘なりのお出かけの準備をするようになりました。

 おもちゃ箱の前でゴソゴソゴソゴソ。

 お気に入りの人形を持ち出して、眺めて悩む、「やっぱり、違う。」という感じでおもちゃ箱に戻す。

 あれやこれやと悩みながら荷造りをしている背中が可愛いんです。

 こだわりがあるのか「もう行くよ。」と急かしても「ちょっと待って。今準備してるの。」と妥協しません。

 そして一昨日、長考の末にリュックに詰め込んだものは

  • 縄跳び
  • ゴムボール2つ
  • 積み木 1つ
  • ガラスの容器
  • 角砂糖用の小さなトング
  • 竹串 一本
  • 玩具を入れる袋

 縄跳びやゴムボール、積み木は「公園で遊ぶ時に使うんだな」と納得できるのですが、ガラスの容器や玩具を入れる袋はどうして選んだでしょうか?竹串に至っては皆目検討がつきません。

 竹串は、しびれを切らした私が「もう行くよ。」と声を掛けたときに最後に「うーん、これも!」って感じでリュックにぶち込んでました。何が決め手だったんですかね?

 そして、ガラスの容器も入っていますから結構な重量のリュックを大切に背負い公園に向かう後ろ姿にまたキュンキュンしてやられてしまいます。

 大人から見るとまったく役立ちそうも無いものですが、娘はなにかしらの考えがあって選んで、重いけれど大切に背負ってるのが堪らないんです。

 まあ、結局公園について遊びだすとリュックの中のモノは殆どつかわず、リュックも親に預けて走り回ってるんですけどね。

 一昨日も使ったものは縄跳びだけでした。

 実際には使わないけれど、公園に行く前は娘の中では「これしよう。あれしよう。」とやりたい事が一杯あって、それに必要なものを選んでるんでしょうね。

 公園ついたら目の前の遊具に飛びついて忘れちゃうのかもしれないけれど、公園でなにしよう?っていろいろやりたい事を考えることや、準備すること自体がとても楽しそうで、見てる私も楽しくなります。

 なんだか色々一生懸命で、けどまだ抜けてるとこもいっぱいあって本当に毎日楽しませてくれます。

ありがとう、ピヨちゃん。

バンザイ

- ブログランキングに参加してます - 1日1回‘ポチッ’をいただけると嬉しいです -

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿