象印のスチーム式加湿器EE-RL50を使って一ヶ月。赤ちゃんのいる家庭におすすめ!|石井講次の おすすめ絵本バンザイ
スポンサーリンク

象印のスチーム式加湿器EE-RL50を使って一ヶ月。赤ちゃんのいる家庭におすすめ!

象印 加湿器 スチーム式 加湿量480mL/h ベージュ EE-RL50-CA

『象印 EE-RL50 』
・清潔な蒸気のスチーム式
・お手入れ簡単!水タンク一体型、フッ素加工「広口内容器」「フィルター不要」
・トリプル安心設計「チャイルドロック」「ふた開閉ロック」「転倒湯もれ防止構造」

加湿器難民の私がようやく辿り着いたオアシス『象印 EE-RL50 』

 肺と気管支に慢性的な炎症を抱えていて免疫力の落ちている私には冬の乾燥対策「どうやって衛生的に加湿するのか?」というのは長年の大きな問題でした。

 加湿器を渡り歩くこと3代目。ようやく、満足のいく加湿器に出会えました。

 免疫力の低い私の加湿器への要求レベルは一般の人よりも高いです。その私が満足できたということは、免疫機能がまだ成長過程である赤ちゃんや子供にも安心できるものだと思います。

 赤ちゃんや子供や病気の方など免疫力の低い方の加湿器選びの参考になればと思い、私の加湿器遍歴と『象印 EE-RL50 』の使用した感想を合わせて紹介したいと思います。

加湿器には大きく分けて4つのタイプがある

 今売られている加湿器は4つのタイプに分けることができます。水を蒸気に変える方式が異なり、それぞれメリットとデメリットがあります。加湿.netさんのページが、とても分かりやすく纏めてくださっています。是非一度見てみて下さい。

気化式:加湿エレメント上に滴下した水に風を当て、蒸発気化させることで加湿する。
蒸気式:水をヒーターで熱し、その蒸気で加湿する。
ハイブリッド式:フィルターに水を含ませ、温風を当てることで加湿する。
水噴霧式(超音波式):常温の水を霧化させ、送風機で拡散させる。

最初に購入したのはハイブリッド式(シャープ加 湿機能付きセラミックファンヒーター)

 正確には私が購入したのはモデルチェンジ前のものなのですが、基本的な性能は変わりません。プラズマクラスターのキレイな温風で、寒い季節を暖かく、快適に。さらに加湿機能も加わって、お部屋にうるおいも。という謳い文句のハイブリッド式の加湿器です。

購入を後押ししたセールスポイント

 購入を決定したポイントは「プラズマクラスターって良さそうだな。」と「暖房と加湿が両方できて一石二鳥でいいな。」の2点でした。

ハイブリッド式を使ってみた感想

 セラミックファンヒーターとしての性能、加湿性能は高かったのでそこは良かったと思います。

 しかし、私の求める「衛生的に」という部分では落第点でした。

  • 加湿トレー(水が貯まる部分)にすぐヌルヌルした水垢が発生(2週間に一度掃除しても追いつかない。)
  • 加湿フィルター(温風を当てて水を気化させる部品)にスケール(水の中に含まれるミネラル分の結晶化した白い粉)が付着する。掃除しても取れづらく、空気中に飛散しないか心配。
  • 加湿がパラフルな分、結露が酷い。(結露は各ご家庭ごとに違います。あくまでもウチの場合です。)

 特にヌルヌルした水垢が発生が大問題でした。健康のために加湿しているのに、知らない間に細菌を撒き散らしていたら本末転倒。買い替えを決断。

2代目は気化式(ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機)

 こちらも正確には私が購入したのはモデルチェンジ前のものなのですが、基本的な性能は変わりません。「ストリーマを加湿フィルターと水トレーにも照射し、水に含まれる雑菌を抑制。水まわりの清潔さを保つことで、キレイな空気とうるおいをお部屋に届けます。」と謳う気化式の加湿機能付き空気清浄機です。

購入を後押ししたセールスポイント

 購入を決定したポイントは「ストリーマでの水の除菌に期待!」と「気化式の穏やかな加湿で結露を無くしたい。」と「丁度、空気清浄機も欲しかった。」の3点でした。

気化式を使ってみた感想

 空気清浄機としての機能には大満足!空気が綺麗。ホコリが減りました。

 しかし、加湿器の機能は期待はずれ。。。

  • 水トレーに水垢が発生する。(確かに抑制されてはいそうだが、メーカーが推奨する一ヶ月に一度の掃除では追いつかない。)
  • 加湿フィルターにスケールが付着する。クエン酸などを使って掃除しても本当に取れない。メンテナンスが大変。
  • 加湿性能が低い。加湿運転を最強設定にしても、真冬に暖房を付けた部屋だと湿度30%台までしか上がらない。(あくまでもウチの場合です。)
  • 加湿が十分でないに結露が発生する。これはウチの家の構造の問題かもしれません。昨年は窓にプチプチシートを貼ったり、加湿を止めたりしてみましたが結局結露は無くならない。だから結露に関しては、気化式が悪いというわけではなく、ウチには気化式でも結露が無くなるというメリットは享受できない、という結論です。

 本当にストリーマ技術は期待はずれでした。メーカーホームページにはあくまでも抑制であり、水トレーは定期的なお手入れが必要です。(約1ヵ月に1回)また実使用環境での結果ではありません。と書いてあります。私が期待しすぎたのが悪かったんです。そして、水トレーと加湿フィルターの掃除が大変!気化式のため、加湿フィルターも水トレーも部品が大きいんです。だから洗うのが大変。ということで買い替え決定。。。

3代目購入検討時に落選した超音波式(ダイソン 送風機能付き加湿器)

 今まで超音波式は細菌を撒き散らす危険性が高いので、そもそも選択肢から除外していました。しかし、あの技術力の高さで有名なダイソンが本体内で、水を一滴も残らずUV-Cライトに直接当てることで、99.9%のバクテリアを除菌する最も衛生的な加湿器を作ったということで購入検討リスト入り。

実際はどうなの?口コミを調べてみた

 しかし、水を除菌するという謳い文句にはトラウマが出来てしまった私。購入前に調べてみました。

 日経トレンディネットの石井和美さんのレビュー記事がとても参考になりました。

 どうやら、やはりヌルヌルとスケールは発生してしまうらしい。しかも洗うの大変そう。細菌が空中に飛散しやすい超音波式なので、やはり避けたほうが良さそうということで止めました。(石井和美さんのレビュー記事を見るとヌルヌルが発生したといっても一ヶ月でほんの少しなので健康な人ならなんら問題は無いと思います。)

最後にスチーム式に辿り着いた(象印のスチーム式加湿器)

 衛生面では評価が高いスチーム式。初めからスチーム式にすれば良いのにと思うのですが、スチーム式は乳幼児のやけどのリスクが高く危険というイメージがあって避けてきたんです。
 国民生活センターからも『スチーム式加湿器で乳幼児が重いやけどに』消費者被害注意情報が出ています。

 しかし、消去法で他の3つ加湿タイプは消えてしまった。。。

 口コミをみても、「メンテナンスが簡単。」「沸騰させるから蒸気が綺麗。」など衛生面では期待できそう!

 なんとか子供がやけどしないよう使い方、設置場所に注意して使ってみよう!ということで購入を決定。

実際に使ってみた感想(メリット・デメリット)

 大満足!

 そう大満足なのです。

【良かったこと】

  • 沸騰させて作った蒸気は綺麗!ヌルヌルも一切発生しない!
  • メンテナンスが簡単!スケールは発生してタンクに付着するが、クエン酸洗浄することで一発で綺麗になる。タンクはフッ素加工されていて、スケールがこびり付いてきたら(2週間に一度くらい)クエン酸を30g入れてクエン酸洗浄ボタンを押して1時間半待つと、スケールは溶けて浮き上がりスルリととれます。タンクの口も広くて洗うのが簡単です。
  • パワフル!沸騰するまでちょっと時間は掛りますが、その後はパワフルに加湿してくれます。
  • 「湿度センサー」「室温センサー」のWセンサーによる湿度の自動コントロールが安定している。「高め」「標準」「ひかえめ」と3段階選択できるのですが。今の季節だと暖房が必要ない気温の時、就寝時は「ひかえめ」、暖房をつけたら「標準」で湿度60%近辺を維持してくれます。
  • 沸騰させて作った蒸気は少しだけ部屋を温めてくれる。就寝時は暖房を切って加湿器だけ動かしているのですが、加湿器の蒸気が少し部屋を温めてくるのが嬉しかったです。
  • 蒸気が思っていたほど熱くなかった!購入前は沸騰したやかんの口から出るチンチンの熱い蒸気が出てくると思ってたのですが、中で少し冷ましてから出てくるため、子供が触ってすぐに大やけどするような温度ではありませんでした。記事を書くにあたってホームページをよく見たら、「沸とうさせたきれいな蒸気を約65℃まで冷ましてお部屋を加湿します。」と書いてありましたね。注意は必要ですが、やけどリスクは思っていたよりも低く安心しました。「チャイルドロック」「ふた開閉ロック」「転倒湯もれ防止構造」「電源コードがマグネット式」など安全にとても気にかけて作らているのも好感がもてました。

【悪かったこと】

  • 音がうるさい。沸騰させる時のボコボコという音。シューという蒸気を出す音が結構大きいので、音に敏感な人は駄目かもしれませんね。私は騒音に強いので全然気になりません。
  • 結露は発生する。(想定内です。これはもう仕方ない。)

 良かったことの文面に私の嬉しさ、感動が溢れ出てしまっていると思いますが、本当に買って良かったです。

 健康な人だったらここまで衛生面に敏感になる必要もなく、私が以前使っていた2機種やダイソンの加湿器でも、それぞれに良さがあり大満足だったと思います。しかし、抵抗力がとても下がっている今はキレイな蒸気がつねに確保されているという安心はココロの健康にとっても大きなことでした。

 衛生的に加湿したい方にとっては『象印 EE-RL50 』が一番!おすすめします!ただ、赤ちゃんや幼児のやけどリスクはゼロでは無いので、設置場所には注意してくださいね。

バンザイ

- ブログランキングに参加してます - 1日1回‘ポチッ’をいただけると嬉しいです -

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿