十五夜は月の絵本をいかがですか?『おつきさまこんばんは』|石井講次の おすすめ絵本バンザイ
スポンサーリンク

十五夜は月の絵本をいかがですか?『おつきさまこんばんは』

『おつきさまこんばんは』
 作 林 明子
 出版社 福音館
 発行日 1986年6月20日
 対象年齢 1歳から
 評価 ★★★

今年の十五夜は雲にかくれて月が見えませんでしたね

 子供の頃は十五夜にはススキと団子を備えて月を眺めたのを覚えています。大人になり、一人暮らしをするようになってからは十五夜というイベントのことはすっかり忘れ、月を見ることもトンと無くなっていました。

 子供が生まれて、母親がしてくれたように自分の子供にも季節や文化を感じることのできる行事や風習をやってあげなくてはと思うようになりました。
 しかし、体調のこともありススキや団子は準備できませんでした。申し訳ないけど、ススキや団子は保育園で体験してもうらうことで許してもらおうと思います。(保育園ではホント色々なイベントをやってもらい助かっています。)

 せめても と思い、大きなお月さまがでてくる今回のおすすめ絵本『おつきさまこんばんは』を読み聞かせしました。
 

『おつきさまこんばんは』のあらすじ

 太陽も沈み薄暗い闇が降りてきました。小さなクロネコが家の屋根に登りチョコンと座ります。
 闇が深くなり、家には明かりが灯り、窓から光がこぼれています。もう一匹クロネコが現れて、軒下にチョコンと座りました。

おや
やねのうえが あかるくなった

おつきさまだ

『おつきさまこんばんは』 p4,6

 家の向こうから明るく輝くお月さまが登ってきます。月に誘われるように、軒下にいたクロネコも屋根の上に飛び乗ります。2匹のクロネコは月を見上げ、

おつきさま こんばんは

『おつきさまこんばんは』 p8

 明るく穏やかに微笑むお月さまの所に大きな真っ黒な雲が流れてきました。お月さまも困った顔。泣き出しそうです。雲はいよいよお月さまを覆い隠してしまいます。2匹のクロネコも怒っています。果たしてお月さまはどうなるのでしょうか?

縁側でお月さまを眺めているような気分になれる絵本

 作者の林 明子さんは今回のおすすめ絵本を創作するきっかけについて以下のように答えられています。

長谷川 林さんの子どもを見る目って、昔から凄味があったのね。 今度、林さんの赤ちゃんの絵本ができて、私、あちこちに持ち歩いて読み聞かせをしてるんですけど、四冊のうち、いつも最初に「おつきさまこんばんは」を読むんです。最初に表紙をみせて、「お月さま、おめめつぶってるね」、次にパッと裏表紙をみせて、「パーッ」ってやる。そうするとすごく喜ぶ。
 あ、私もそれが狙いだったの。少しパッと驚かしたくて……。姪が赤ちゃんの頃、隣に住んでたもんだから、月が出た時、抱っこして外へ出て、月が屋根から昇ったばっかりの時に前へ進むと、月は隠れちゃう。ちょっと下がるとまた出てくる。何回も「こんばんは」って下がって、「さようなら」って前へ出たら、とっても喜んで、その遊びをしょっ中やってたんですね。それを絵本にしてみたんです。

 私はこの絵本を読み聞かせていると、子供の頃に夏の夜、祖父の家で縁側に座って涼みながら外を眺めていたことを思い出します。
 祖父の家は平屋で窓を開け放つと、涼しい風が家を通り抜け縁側はとても居心地が良かったです。そこで、何をするわけでもなく外を眺めていると月が照らす庭で鈴虫が鳴いている。そういう時間の流れや空気、景色、音、匂いを今回のおすすめ絵本に感じます。

 それは、林 明子さんの表現力豊かな絵が私の記憶を刺激するからだと思います。本当にすごい説得力だなといつも思います。

 お月さまの絵も顔が描かれ可愛らしい絵なのですが、色付けが凄いんです。現実に夜空に輝く月を見上げているかのような色合いなんです。闇夜に拡散する光の感じとか、絵なのに眩しさすら感じるんです。

 目がお月さまに惹きつけられて離せなくなるくらい魅力的です。

読み聞かせしたときの娘の反応

 ウチの娘が0歳の時はイマイチぴんとこないというか反応はイマイチでした。流石に経験が少ないのか、もしくはこの絵本に使われている色が成長途中の0歳の目には把握しずらかったのかもしれませんね。

 1歳にもなると、読み聞かせている最中に「あっ楽しんでるな!」と娘がお話に食いついている手応えを感じました。読み終わると「もう一回!」何度もリクエストしてました。

 曇りの夜には絵本で月を眺めのも良いのではないでしょうか?『おつきさまこんばんは』おすすめです!

バンザイ

- ブログランキングに参加してます - 1日1回‘ポチッ’をいただけると嬉しいです -

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿