蚊に刺されやすい子供の親 必見!新しい『蚊』撃退大作戦!|石井講次の おすすめ絵本バンザイ
スポンサーリンク

蚊に刺されやすい子供の親 必見!新しい『蚊』撃退大作戦!

 先日テレビを見ていて衝撃を受けたので、今日は絵本レビューを休んでその事についてお話したいと思います。

 そのテレビ番組はNHKの『ためしてガッテン』です。(ホントこの番組には度々「そうだったのか〜!」と衝撃を受けます。)

 2016年8月31日(水)放送回 『人類最凶の敵!「蚊」撃退大作戦!』は本当に見れて良かった!

うちの子は蚊に刺されやすい(泣)

 この世界にはなぜか、蚊に刺されやすい人とそうでもない人がいますよね。私はそうでもないのですが、奥さんと子供が蚊に刺されやすいんです。

 私も一人でいる時は普通に蚊に刺されます。しかし、奥さんと子供と一緒にいる時には全く刺されません。奥さんと子供の血が余程美味しいのか?蚊が私には全く見向きもしないのです。

 それにウチ特有の問題があるんです。私の肺には慢性的な炎症があり、殺虫剤にとても敏感で炎症が悪化してしまいます。そのため、ベープや蚊取り線香などを使って蚊を退治することができないんです。

 本当に毎年夏は蚊対策が頭痛の種です。

 子供は我慢が苦手です。一度痒いのが気になると、もう頭のなかが痒いで一杯になって「かゆい!かゆい!」と掻きむしってしまいます。特にグズっている時が酷くなります。グズって興奮して汗をかいて、余計痒みが増して、心の不快な感じと身体の痒さが相乗効果で手がつけられなくなってしまいます。

 そういう時は、『アンパンマン』や『おさるのジョージ』など好きなテレビ番組を見せたり絵本を読み聞かせたりして、なんとか意識を他の事に向けて、『かゆみ』を忘れされることでやり過ごしています。

 痒みはまだ我慢することが出来ても、日本脳炎や2014年のデング熱騒動など蚊を媒体にした伝染病は我慢とかの問題では無く、本当にどうしたら良いか不安になります。

 そんなの我が家に今回のためしてガッテンはとっても有益な情報でした!

新たに発見された『蚊に刺されやすい人の特徴』

 蚊に刺されやすい人とそうでない人では足の菌の種類に大きな違いがあり「蚊に刺されやすい人は、足の常在菌の種類が非常に多い」そうです。
(常在菌とは健康な人の皮膚には必ず存在し、数や種類は人によって様々だそうです。病気などで免疫力が低下すると感染を引き起こすこともありますが、基本的には身体に害を与えるものではなく、常在菌が多数で安定して存在することで病原菌を防ぐ効果もあります。いわゆる共生というやつですね。)

蚊に刺されやすい人は足を拭け!

 「どうして足の菌が多様だと蚊に刺されやすいのか?」などのメカニズムはまだ解明されていないようなのですが、足の菌が関連しているのであれば、菌を除菌することによって蚊に刺されにくくなるのではないか?という実験が行われました。

 結果は・・・

 なんと、アルコールをつけたティッシュで、足首から下をよく拭いたところ、驚くべき効果がありました! 足を消毒することで、刺される数が3分の1に減ったのです。

 効果が期待できるのは数時間だそうです。蚊がいる場所に出かける直前に足を消毒すれば、蚊に非常に刺されにくくなります。石鹸で足の指の間を洗うだけでも、効果があるそうです。

 石井家はこれから公園に散歩に行く前には、アルコールで娘の足を拭いてから出かけたいと思います。

石井家おすすめのオーガニック防虫スプレー

 あと番組では世界の秘境で蚊の脅威に長年悩み続けたNHK自然番組班に伝わる裏ワザが紹介されていました。それは、足や手、首筋に「ハッカ油」をつけるというものでした。ハッカ油独特の香りが、蚊が近寄るのを防いでくれるそうです。

 これは凄い分る。ていうか、知ってる!

 殺虫剤が使えない石井家が辿りついた方法とほぼ一緒だからです。
ウチでは色々探した結果、オーガニックマドンナが発売している『アロマガードミスト』を使用しています。この商品は虫が嫌がる香り出す天然シトロネラ油、天然シダーウッド、もちろんハッカ油も配合されています。

 効果は実感済みです。この虫除けスプレーを使ったところ、目の前で蚊が逃げていくのを見ました。確実に蚊に刺されにくくなります。ただ持続性は低いので汗をかいた後など、こまめに使う必要があります。

 網戸にスプレーするのも、おすすめです。虫コナーズが使えないウチでは『アロマガードミスト』こまめに網戸や玄関にスプレーしています。サッパリとしたいい匂いで虫コナーズよりも断然おすすめできます。

 オーガニックなのも決め手でした。アルコール、防腐剤無添加で天然・天然由来成分100%。オーガニック成分98%なので子供にも安心して使用しています。ただ、天然成分でもアレルギーがある場合があるので、初めて使用する場合はパッチテストをしてくださいね。

パッチテストのやり方

  1. 赤ちゃんの二の腕やももの内側など、皮膚の柔らかいところに日焼け止のを少量を付けます。
  2.   
  3. そのまま24時間置いておき、様子を見ます。
  4.   
  5. 2日目に、赤ちゃんの皮膚に何の変化も見られなければ、首や顔など敏感な別の場所に付けて、もう一度24時間様子を見ます。

あと、オーガニックマドンナは虫除け成分の入った日焼け止め『ピュアガードサンミルク』も出しているのですが、これもまた便利です。伸びは悪く、白い色が薄っすらと残りがちですが、石鹸で洗えば簡単におちること。紫外線吸収剤、アルコール、防腐剤が不使用なこと。『アロマガードミスト』と同様に、ハッカ油を含んだ天然防虫成分が含まれていことが決め手となって赤ちゃんのころから使っています。
(くどいようですが、初めて使う時はパッチテストしてから使用してくださいね。あと防腐剤不使用なので、ひと夏で使い切り。残っていても翌年は新しい商品を購入して使用しています。)

 石井家の新旧『蚊撃退法』、皆様にも役立てていただけたら幸いです。

バンザイ

- ブログランキングに参加してます - 1日1回‘ポチッ’をいただけると嬉しいです -

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿